ギルティギアイグザードRev2・PC版買ってみたが

2020.01.05 Sunday

0

    格闘ゲームの中でも非常にシステムが多くゲーム速度が速いシリーズ。

    ギルティギアの最新作が出ることもありセールで安くなっていたので青リロぶりに遊んでみました。

     

    結果的にですが新キャラにわからん殺し(初心者が理解できなく負ける要因などを指す)が原因で対レイブンで50敗ぐらいしました。

    ただPC版はマッチング過疎で同じ人しか対戦できないぐらいで正直未経験者はお断り強くですね。

    使っているキャラはシリーズ通してストリートファイターでいうところのリュウケンみたいなポジションのカイ。

     

    技が素直すぎてハイリスクローリターンになりがちでリードされると挽回するのが難しいキャラでもあります。

     

    とりあえずPCも含めて格闘ゲームの人口数増えてほしく感じる今日この頃。

     

    JUGEMテーマ:ゲーム

    エウレカ・ハイレボリューション1・感想

    2020.01.03 Friday

    0

       

      NETFLIXにてハイエボリューションが配信されたので見てみました。

      アニメ、エウレカセブンと劇場版のぽけっとが虹でいっぱいもかなり見ましたが正直…

       

      アニメは非常に好きな作品で初代劇場版と続編(?)アニメは期待を裏切られ今作も裏切られました。

       

      序盤は非常にクオリティが高く期待値を上回っていたのですが突然アニメの使いまわし開始。

      回想編なので仕方ないかな?と思い続けて見ててもテレビシリーズの使いまわしの絵。

      そしてストーリーも難解にして面白さがログアウトしていくこの感覚は良くない。

       

      原作ファンは時間あれば見てもいいと思うけど

       

       

      JUGEMテーマ:アニメなんでも

      デススト・プレイバック

      2020.01.03 Friday

      0

        デススト進めていたら小型核爆弾を運搬するようです…

         

         

        そしてバイクで移動している最中に核爆弾起動してしまいゲームオーバーになりました。

         

        さて世間では賛否分かれているデスストですが装備が手に入り始まるのが中盤からです。

        序盤ではパワーアシスト、現在佐川やクロネコ宅急便などで運用テストしている製品ですね。

        この装備が手に入ると移動の幅がグッと増えますが大体プレイ時間10時間ほどのチュートリアル終わらせる必要があります。

         

        ここを抜けた先には多数のSAMが立ちションしていた光景があり驚きました。

         

         

        今では国道も割かし簡単に作れますね。

        発売日組が素材集めてくれた恩恵を感じています。

        先行組マジ助かってます。ありがとう。

         

         

        国道をバイクで走るのも楽しい。

        L3で加速してると道から落ちそうになりますね。

        ガードレールが欲しい。

         

         

        国道から外れて装備足りずもう何もなくなった時の苦しみ。

        BBの体力もなくなりブーツも壊れアシストパワーはバッテリー切れで動かず…

        建設装置など色々持っていなかったので本当に苦労し次からは万全な状態で挑むように心がけるようになりました。

         

         

        女性の配送依頼。

        バイク見当たらなかったので徒歩で移動しました。

         

         

        JUGEMテーマ:ゲーム

        デスストランディング・遅れながらプレイ開始

        2019.12.29 Sunday

        0

          書く癖がなくなってしまって申し訳ない

          小島監督再起動の作品デススト今更ながらプレイ始めました。

          既に10時間以上遊んでますけど(汗)

           

          背後にあるゲームオーバーはメタルギアソリッド一作目に出ていたロゴそのままです。

          色などは多少異なりますけどね。

           

          ただ10時間ぐらいだとチュートリアル的なマップの配達がメインで海を渡ってからが本当の配達らしいですね。

          二つ目のマップ最初の配達を終わらせたらアシストスーツを手に入れました。

           

          持てる重量が上がりダッシュの実質追加と二段ジャンプも可能になりこれからの配達ライフが楽しみです。

           

          それでは今回はこの辺でお眠りの時間です。

           

          JUGEMテーマ:ゲーム

          風花雪月・ディミトリルートクリアー

          2019.10.03 Thursday

          0

            風花雪月、青ルートことディミトリ編クリアーしました。

            難易度はハード、クラシック設定。

             

            今作は囲碁将棋などで使う「待った機能」が搭載されているので難易度ハードでも簡単な分類かと思います。

            終盤は非常に厳しかったですがゲームオーバーは最終ステージのラスボスだけ大苦戦しましたね。

             

            ストーリーや世界設定はコーエーが作ったのか?と疑うレベル。

            ifで叩かれた所をしっかり良くしてあり好印象です。

             

            ただしゲームバランスは思いのほか良く感じませんでした。

            キャラの格差を感じてしまうのはどうかとおもいます。

            画像のように全ステータスアップは今作非常に稀なのは好きな調整ですけどね。

             

            今作はレベルアップによるステータスアップは控えめ。

            そのためキャラ格差が生じるのはあまり好きじゃない。

             

            周回プレイ前提なのに快適性を考慮したなかったり、

            成長方向がややこしいなど悪い点も目立ちますが完璧なゲームはまず存在しませんからね。

             

            個人的には非常に満足できるゲームでした。

            ifで裏切られましたが本体ごと購入して良かったです。

             

            JUGEMテーマ:ファイアーエムブレム

            PC修理のためFE風花雪月購入…アレ?

            2019.09.21 Saturday

            0

              PC故障したためファイアーエムブレム風花雪月購入した所

              PCが無事修理を終え初期化されていたので再度構築しブログ書く余裕があるようでありませんでした。

               

              パソコンの故障はビデオカードでした。

              RTX2080の不具合は相変わらずなのかな…ちと失敗したかも。

               

              ファイアーエムブレム新作の風花雪月は聖戦の系譜を意識した作りで新しくもあり懐かしさもありますね。

              選んだ学級は青獅子、現在第二章突入し青年が突然闇落ちして痛々しい。

              ストーリーに関しては野心家多いので多分最初から分岐してるのかな?

              ゲームは事前情報あまり入れずに遊ぶスタイルの人間としてはネタバレなしで遊べるのが楽しいです。

              ネットで情報集めて攻略するスタイルは手探りなモンハンやソウルシリーズぐらいですね。

               

              久しぶりの更新ですが眠いのでこの辺りでおやすみなさい。

               

              JUGEMテーマ:ゲーム

              骨伝導ヘッドセット衝動買い

              2019.08.25 Sunday

              0

                少し前になってしまいますが近場のヤマダ電機にて骨伝導ヘッドセットコーナーにて試用品させて貰いました。

                15年以上前にビッグカメラで試用品と比べて輪郭がクッキリして衝動買いした次第です。

                ネットで調べてみたら最近のは骨伝導とスピーカーのハイブリットが主流らしいですね。

                骨伝導のみは業務用途などで使われている印象を受けました。

                 

                前置きが長くなりましたが購入したのはaftershockのTREKZ titaniumです。

                ヤマダで特価品7,980円のリーズナブルに惹かれ迷った挙句買ってしまった。

                公式ホームページは下記参照

                https://aftershokz.jp/trekz-titanium/

                 

                 

                 

                音質に関しては所詮骨伝導です、昔より音質良くなっててもカナル式ヘッドホンなどには太刀打ちできませんね。

                ではなぜ購入に踏み切ったのかというと「音なんて鳴れば良い」といこともありますが、

                耳を塞がないのでウォーキングやサイクリングで周囲を気にかけれる。

                非常に軽く、そしてコンパクトなので携帯性も高い。

                防水防塵で水洗いが可能がやっぱり大きいですね。

                 

                軽くて装着感も良いので普段使いも苦にならないのもポイント高いです。

                 

                JUGEMテーマ:モバイルグッズ

                今更ながら旧型switch購入

                2019.08.19 Monday

                0

                  今更ながら任天堂の最新ゲーム機switch購入しました。

                  2年ほど前にセガのスマホゲーム、チェインクロニクルにて聖剣伝説3コラボ企画でTwitterリツイートキャンペーンで聖剣伝説collectionが当選し最初はスパム化と疑った記憶がまだあります。

                  当選が20名なので当たるはずがないと最初から諦めていましたからね。

                  なお1名だけswitchと聖剣セットで当選された方がいるはずです。

                   

                  聖剣伝説

                   

                  JUGEMテーマ:ゲーム

                  MHW・レウス初めて滝から落としクエストクリアー

                  2019.08.15 Thursday

                  0

                    久しぶりのプレイとあって古代樹の森で迷子になること15分。

                    PS4のβテスト時代から知れ渡っているMHWレウスの衝撃動画ですが初めて私も経験することができました。

                     

                     

                     

                     

                    アニメ偏見について思う事・アニメ映画の変化

                    2019.07.25 Thursday

                    0

                      京都アニメーション通称京アニ。

                      この件でネットの少数派と思いたいが昭和の感覚で思考が止まっている方がいる。

                       

                       

                      聲の形までの劇場映画作品を振り返ってみたいと思います。

                      本当に長編アニメは変わった。子供向けから大衆向けへ!

                      その片鱗を紹介したら長くなりました。

                       

                      アニメの転換期としては押井守作品の「機動警察パトレイバー」(劇場版89年)

                      この作品はドラマの手法をアニメに落とし込み初のメディアミックスともに成功を収めた。

                      アニメは長編で長いため劇場版をお勧めした。

                      個人的に2作目パトレイバーThemovieはヒューマンドラマが主軸で相棒など刑事ドラマが好きな方も入りやすいと思う。

                      難点として主人公の目の書き方が奇形で海外ではクリーチャー(怪物的)と評されることもある。

                       

                      日本ではもう地上波で放送できないと思われる「AKIRA」(劇場版88年)

                      ネットで「さんを付けろよでコスケ野郎」の元ネタ。

                      国内では表現が過激で人を選ぶSF作品。

                      この作品はどちらかというと海外の人気のほうが高く「金田のバイク」はレディプレイヤーも登場するほど。

                      ストーリーは丸投げ感が強いが映像作品、意欲的挑戦的な事で海外での支持が強く感じる。

                       

                      押井守代表作品、「攻殻機動隊」(劇場版95年)

                      パトレイパーと同じく刑事ものだがサイバー犯罪がテーマなので今でも幅拾い方に見て欲しく感じる。

                      一応刑事ものなので馴染みがある方ならすんなり見えると思うよ。

                      こちらも海外からの評価が高くマトリックスなど影響を与えたほど歴史を変えた作品。

                      原作は士郎正宗、主に戦争や紛争をテーマに描く漫画家。特質する点はネット社会を見据えた時代設定。

                      この辺りを押井守が複雑にまとめ上げながら難解でありながらエンタメとしての面白さは損なはないのは流石。

                      主人公の草薙素子が駆使するステルスはゲームにおいて小島秀夫がメタルギアソリッドシリーズがインスパイア受けておりゲームならではの表現に私は当時驚いた。

                       

                      ジブリが冒険活劇を書かなくなり出てきた「ブレイブストーリー」(06年公開)

                      原作ゲーマーの宮部みゆきですがゲームに似た世界に旅立つ物語。

                      今でこそ数多く存在するジャンルですが草分け的な作品なのかも。

                      映画は長編小説のため端折られた部分が非常に多いが主人公やライバルの葛藤、人間ドラマの重視もこの辺りからですね。

                      作品としては個人的にイマイチですが影響力は非常に高いので興味がある方はぜひ。

                       

                      鬱展開、希望がないと酷評の「スカイ・クロラ」(08年劇場公開)

                      戦争がない世界でショートして駆り出される少年兵の話。

                      監督押井守ですがらしくないのがまた斬新でした。

                      戦争は愚かな行為の果てなど視聴者に問題問いかけるがそれ以上は発展しなかった。

                      学生から高齢者まで見て欲しく願う。

                       

                      主婦が主役の「おおかみ子供の雨と雪」(12年劇場公開)

                      サマーウォーズなど手掛けた細田守作品。海外の評価は私は分からない。

                      ただ主婦が初めて主役というのは今でも数えるほどではないか?

                      子育てや差別など社会問題をテーマに始めるきっかけとなった作品だと思う(書き手が中年なので視野が狭い)

                       

                      群像劇、学園、青春、人間ドラマ詰め込みまくりでも破綻しない「心が叫んでいるんだ」(16年劇場公開)

                      テレビアニメ「あの日見た花の名前をまだ僕たちは知らない」を手掛けたスタッフの劇場作品。

                      人間ドラマに関しては評価は高いがメンヘラ少女など普段弱い立場を序盤の主人公にしたほど。

                      スポンサーサイドは主役はメンヘラ少女と寄り添った主人公が主役ですが個人的には主役の概念忘れて欲しいとこれほど思った作品はない。

                      この作品の良さは私の書き手として力不足なので伝えられないのが残念です。

                       

                      群像劇仕立ての意欲作「聲の形」(16年劇場公開)

                      京アニ作品としては独特なのに凄く入り込めた作品。

                      聴覚障がいを題材にしていると思っていたらいじりからいじめへの発展の仕方が非常にリアリティがあり驚いた。

                      背景やしぐさなど日本ならではの悪い文化が見える形で映像化されたことは非常に衝撃的でした。

                      私がいじめ加害者被害者傍観者を経験しているからこそ痛く心に残っているのかもしれません。

                      知らない世界を知る良い映画です。

                       

                      JUGEMテーマ:漫画/アニメ